蕭条(読み)ショウジョウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じょう〔セウデウ〕【×蕭条】

[ト・タル][文][形動タリ]ひっそりともの寂しいさま。
「―たる十一月の浜辺には人影一つなく」〈長与青銅の基督

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじょう【蕭条】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ひっそりとしてもの寂しいさま。 「十一月の近ちかづいたことを思はせるやうな-とした日で/破戒 藤村

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐じょう セウデウ【蕭条】

〘名〙
① (形動タリ) ものさびしいこと。ひっそりしていること。また、そのさま。
※文華秀麗集(818)中・晩秋述懐〈姫大伴氏〉「節候条歳将闌、閨門静閑秋日寒」
※鹿狩(1898)〈国木田独歩〉「夜見たよりも一段、蕭条(セウデウ)たる海辺であった」 〔史記‐河渠書〕
② (━する) ものさびしくなること。生気をなくしてひっそりした様子になること。
三国伝記(1407‐46頃か)六「老菊衰蘭は霜に蕭条せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android