寥寥(読み)リョウリョウ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐りょう〔レウレウ〕【××寥】

[ト・タル][文][形動タリ]
ひっそりとしてもの寂しいさま。また、空虚なさま。「寥寥たる荒れ野」
数の非常に少ないさま。
「国中には有志者の員数、日に―として」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうりょう【寥寥】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ものさびしいさま。 「此の-たる山中に来たり/金色夜叉 紅葉
数の少ないさま。 「人家-たる山村/天賦人権論 辰猪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りょう‐りょう レウレウ【寥寥】

〘形動タリ〙
① ものさびしくひっそりとしているさま。また、空虚なさま。むなしいさま。寂莫。
※凌雲集(814)贈賓和尚〈嵯峨天皇〉「遙想焚香観念処、々日夜着雲烟
※光悦本謡曲・当麻(1435頃)「称名、観念のゆかのうへ、座禅、円月の窓のうち、寥寥とある折ふしに」 〔潘岳‐寡婦賦〕
② 数量の少ないさま。
※徂徠集(1735‐40)一三・豊公族大夫養拙君二亭記「文学之士、寥寥乎莫其国中

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android