コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

落莫 ラクバク

デジタル大辞泉の解説

らく‐ばく【落×莫】

[ト・タル][文][形動タリ]もの寂しいさま。寂寞(せきばく)。
「彼に与えられたものは畢竟―とした孤独だった」〈芥川・大導寺信輔の半生〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らくばく【落莫】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ものさびしいさま。 「 -たる雪の中で/俳諧師 虚子
( 形動 ) [文] ナリ 
に同じ。 「何とも言へぬ-な感が為て/青春 風葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

落莫の関連キーワード博・幕・曝・漠・瀑・爆・縛・莫・駁・驀・麥・麦楽・洛・絡・落・酪龔自珍俳諧師青春

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android