コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒涼 コウリョウ

2件 の用語解説(荒涼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐りょう〔クワウリヤウ〕【荒涼】

[名・形動]
荒れ果ててものさびしいこと。また、そのさま。
「三千代は自分の―な胸の中(うち)を」〈漱石それから
漠然として要領を得ないこと。また、そのさま。
「題の本意もなくすこぶる―なる方もあり」〈無名抄
軽はずみに物事を行うこと。うっかりすること。また、そのさま。
「―に物を難ずまじきなり」〈無名抄
物の言い方が尊大であること。また、そのさま。
「―の申し様かな」〈平家・九〉
[ト・タル][文][形動タリ]風景などが、荒れ果ててものさびしいさま。また、生活や気持ちなどが荒れすさんでいるさま。「荒涼としたツンドラの平原」「荒涼たる心境」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうりょう【荒涼】

( トタル ) [文] 形動タリ 
風景などが荒れ果てて寂しいさま。また、精神がすさんでいるさま。荒寥。 「 -とした枯れ野原」 「 -たる寂寞感」 「 -たるその景色/或る女 武郎
( 名 ・形動ナリ ) スル
大ざっぱで、いいかげんな・こと(さま)。漠然。広量。 「 -に物をば難ずまじきことなり/無名抄」
軽はずみなこと。うっかりすること。広量。 「 -して心知らざらむ人の前に夢がたりな/大鏡 師輔
広量 」に同じ。 「其の-にては一定じよう天下の主と成り給ひなん/盛衰記 19
大きな口をきくこと。尊大なこと。また、そのさま。広量。 「大名・小名みな、-の申しやうかな、とささやきあへり/平家 9

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

荒涼の関連キーワード荒れ野荒れ場荒れ果てるうそ寂しい荒損小寂しい物寂しい薄寂しい寂しい物侘しい

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

荒涼の関連情報