荒涼(読み)コウリョウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐りょう〔クワウリヤウ〕【荒涼】

[名・形動]
荒れ果ててものさびしいこと。また、そのさま。
「三千代は自分の―な胸の中(うち)を」〈漱石それから
漠然として要領を得ないこと。また、そのさま。
「題の本意もなくすこぶる―なる方もあり」〈無名抄
軽はずみに物事を行うこと。うっかりすること。また、そのさま。
「―に物を難ずまじきなり」〈無名抄
物の言い方が尊大であること。また、そのさま。
「―の申し様かな」〈平家・九〉
[ト・タル][文][形動タリ]風景などが、荒れ果ててものさびしいさま。また、生活や気持ちなどが荒れすさんでいるさま。「荒涼としたツンドラの平原」「荒涼たる心境」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうりょう【荒涼】

( トタル ) [文] 形動タリ 
風景などが荒れ果てて寂しいさま。また、精神がすさんでいるさま。荒寥。 「 -とした枯れ野原」 「 -たる寂寞感」 「 -たるその景色/或る女 武郎
( 名 ・形動ナリ ) スル
大ざっぱで、いいかげんな・こと(さま)。漠然。広量。 「 -に物をば難ずまじきことなり/無名抄」
軽はずみなこと。うっかりすること。広量。 「 -して心知らざらむ人の前に夢がたりな/大鏡 師輔
広量」に同じ。 「其の-にては一定じよう天下の主と成り給ひなん/盛衰記 19
大きな口をきくこと。尊大なこと。また、そのさま。広量。 「大名・小名みな、-の申しやうかな、とささやきあへり/平家 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐りょう クヮウリャウ【荒涼】

〘名〙 (形動ナリ・タリ)
① 風景などが荒れはててものさびしいこと。気持が荒れすさんでいること。また、そのさま。荒寥
※凌雲集(814)奉和聖製宿旧宮応製一首〈藤原冬嗣〉「荒凉霊沼龍還駐、寂歴稜岩鳳更尋」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉五「劇烈なる男児の荒が、春霞の如き婦人の聖愛に包まれて始めて和楽を得」 〔孔稚珪‐北山移文〕
② 漠然としていて要領をえないこと。つかみどころがないこと。また、そのさま。また、確かな根拠がなくいいかげんであること。また、そのさま。広量
※天徳四年内裏歌合(960)「右歌いづらに来つつは見るぞ、頗荒涼也」
③ (━する) 軽率であること。うっかりすること。不注意であること。また、そのさま。広量。
※大鏡(12C前)三「荒凉して心しらざらむ人のまへにゆめがたりな、このきかせ給ふ人々、しおはしまされそ」
④ 器量の備わっていないこと。不適任。
※醍醐寺文書‐文治二年(1186)八月二六日・沙門某処分状「縦雖彼門弟、荒涼之人尤不相承、況他人乎」
⑤ 尊大なものの言い方であること。また、広言するさま。ぶしつけ。広量。
※平家(13C前)九「参会したる大名小名みな、荒凉の申様かなとささやきあへり」
[語誌](1)漢語本来の意味は、「すさまじい」であるが、平安時代に男子の日常語として、原義から離れて②の「とりとめもない、でたらめ」という意味に転じ、中世には、③の「うっかりと、無思慮に」という心的な意を内包するようになる。
(2)古くは、「色葉字類抄」に見える「荒涼」の表記が一般的であったが、②③の意で「今昔物語」には「広量」がもっぱら用いられている。→こうりょう(広量)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

荒涼の関連情報