コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛鉱 もうこうjamesonite; brittle feather ore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛鉱
もうこう
jamesonite; brittle feather ore

Pb4FeSb6S14 で表わされる単斜晶系の鉱物。硫安鉛鉱ともいう。金属光沢で灰黒色を呈する。毛状,繊維状,針状の結晶。比重 5.63,硬度 2.5。中・低温熱水鉱床中に産出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

もうこう【毛鉱】

アンチモン・鉛・鉄の硫化物の鉱物。繊維状の結晶。灰黒色不透明。溶融しやすい。硫安鉛鉱。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛鉱
もうこう
jamesonite

少量の鉄を含む鉛の硫塩鉱物。ジェームソン鉱ともいう。低~中温熱水鉱床、接触交代鉱床(スカルン型鉱床)、ときに含銅硫化鉄鉱床中に産し、比較的晩期の生成物として複雑な硫化物からなる鉱石中に出現する。自形は細柱状で、多くは毛状。表面が錆(さ)びると虹(にじ)色になる。埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山ではかなり多量に産した。英名はスコットランドの鉱物学者ジェームソンRobert Jameson(1774―1854)にちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

毛鉱の関連キーワード毛鉱(データノート)ブーランジェ鉱アンチモン輝安銅鉱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android