コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

まりball

翻訳|ball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


まり
ball

鞠とも書く。ゴムや革,糸や合成樹脂などで球をかたどった運動玩具。歴史は古く,日本でも7世紀のなかば,蹴鞠 (けまり) の遊戯が行われたことが知られる。のち手鞠遊びが行われるようになったが,これらは中国から渡来したものである。その後,木綿糸などを使用して,より弾力性をもたせる工夫がなされてきたが,明治中期にドイツからゴム製の毬が輸入され,その使用方法も違ってきた。今日ではボールと呼ばれるゴム,革,合成樹脂製のものが多用されている。内部には空気を充填するもの,各種材料の芯を用いるものなどがあって,各種スポーツ用のものが広範に普及している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いが【×毬/×梂】

クリなどの果実を包んでいる、とげのある外皮殻斗(かくと)の一種

きゅう【毬】[漢字項目]

人名用漢字] [音]キュウ(キウ)(漢) [訓]まり いが
〈キュウ〉まり。「打毬
〈いが〉とげのある外皮。「毬栗(いがぐり)
[難読]毬杖(ぎっちょう)毬打(ぎっちょう)松毬(まつかさ)毬藻(まりも)

まり【×毬/×鞠】

遊びやスポーツに用いる球。ゴム製のほか、革製、綿をしんにして糸で巻いたものなどがある。ボール。「―をつく」「ゴム―」
けまり」に同じ。
「さま悪しけれど―もをかし」〈・二一五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

毬の関連キーワード忘れられた詩人の伝記/父・大木惇夫の軌跡マリーゴールド児手柏・側柏香嚢・香囊狩野甚之丞毬杖・毬打馬形の障子どんつく富沢遺跡南部姫毬滝鶴台妻大津英敏ホッケー城夏子袖香炉三毬打打球楽毬打ち玉打ち毬杖炭

毬の関連情報