コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族自決主義 ミンゾクジケツシュギ

デジタル大辞泉の解説

みんぞくじけつ‐しゅぎ【民族自決主義】

各民族は、その政治体制や帰属をみずからの意志で決定する権利をもち、他の民族や国家による干渉を認めないとする思想や運動。第一次大戦後、アメリカのウィルソン大統領が提唱。第二次大戦後は植民地独立運動指導原理となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

民族自決主義の関連キーワード第1次世界大戦戦後処理ベルサイユ体制ワシントン体制ナショナリズム台湾文化協会分離主義運動五・四運動民族問題アドラー民族主義

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android