民族自決主義(読み)みんぞくじけつしゅぎ(英語表記)principle of national self-determination

旺文社世界史事典 三訂版「民族自決主義」の解説

民族自決主義
みんぞくじけつしゅぎ
principle of national self-determination

民族は自己の運命みずから決定する権利があると主張する原則
この主張は特に第一次世界大戦を通して強められ,まず,ロシアの十一月革命によりソヴィエト政府によって宣言された。ウィルソンの十四か条の原則もこれを提示し,パリ講和会議で主要な課題となった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「民族自決主義」の解説

みんぞくじけつ‐しゅぎ【民族自決主義】

〘名〙 各民族はその政治的運命をみずから決定する権利をもち、他民族による干渉を認めないとする主義植民地などの民族独立運動の指導的理念。第一次世界大戦末期、アメリカの大統領ウィルソンが主張し、ベルサイユ会議での原則となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「民族自決主義」の解説

みんぞくじけつ‐しゅぎ【民族自決主義】

各民族は、その政治体制帰属をみずからの意志で決定する権利をもち、他の民族や国家による干渉を認めないとする思想運動。第一次大戦後、アメリカのウィルソン大統領が提唱。第二次大戦後は植民地独立運動指導原理となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android