コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

気狂いピエロ

デジタル大辞泉プラスの解説

気狂いピエロ

1965年製作のフランス・イタリア合作映画。原題《Pierrot le fou》。ヌーヴェル・ヴァーグの代表作のひとつ。監督:ジャン=リュック・ゴダール、出演:ジャン=ポール・ベルモンド、アンナ・カリーナほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

きちがいピエロ〔きちがひ‐〕【気狂いピエロ】

《原題、〈フランス〉Pierrot le fou》フランス・イタリア合作映画。ゴダール監督によるヌーベルバーグの代表的作品。1965年公開。ピエロというあだ名の男が昔の愛人との無軌道な逃避行の末に爆死するまでの姿を、鮮烈な色彩による詩的映像で描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きちがいピエロ【気狂いピエロ Pierrot le fou】

1965年製作のフランス映画。〈ヌーベル・バーグとはゴダール・スタイルのことだ〉とジャン・ピエール・メルビル監督にいわしめた衝撃のデビュー作《勝手にしやがれ》(1959)以来,映画の文法や概念そのものを覆しつつ,映画とは何かを問い続けてきたジャン・リュック・ゴダール監督の9本目の長編作品である。漫画本から詩,絵画,哲学,ミステリー小説,映画等々に至る無数の引用に彩られた〈ゴダール・スタイル〉の頂点ともいうべき作品で,《芸術とは何か,ジャン・リュック・ゴダール?》と題する長い賛辞をこの映画にささげた詩人のルイ・アラゴンによって,絵画の〈コラージュ〉に匹敵する映画として評価された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の気狂いピエロの言及

【ゴダール】より

…〈シネマテーク・フランセーズ〉のアンリ・ラングロアや映画史家のルイジ・キアリーニによって〈ゴダール以前〉の映画と〈ゴダール以後〉の映画という映画史の区分さえ生み出される。 コンピューターによって管理された未来社会を描いた《アルファヴィル》(1965)はマルセル・デュシャンによって〈サイバネティックス映画の傑作〉と評され,《気狂いピエロ》(1965)はアラゴンによって〈コラージュの傑作〉と絶賛された。映画が他の分野の芸術家をこれほど熱狂させたのはおそらくチャップリン以来のことといえよう。…

※「気狂いピエロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

気狂いピエロの関連キーワードゴダール(Jeanフラー(Samuel Fuller)ジャン・ポール ベルモンドジャン・リュック ゴダールアンナ カリーナヌーベル・バーグ大門賢二

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

気狂いピエロの関連情報