コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水素化脱硫 すいそかだつりゅう

3件 の用語解説(水素化脱硫の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

水素化脱硫【すいそかだつりゅう】

石油精製工程で,水素を利用して硫黄分を除去するプロセスをいう。触媒としてアルミナを担体とするモリブデンコバルトの酸化物などを用い,高温高圧条件下にナフサ,灯油,石油などの石油留分を通し,硫黄,窒素,酸素,金属などの不純物を分解,除去する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すいそかだつりゅう【水素化脱硫 hydrodesulfurization】

硫黄化合物を水素化分解して除去するプロセス,とくに石油中の硫黄分の除去のためのプロセスをいう。石油中の硫黄化合物は,石油製品の臭気や色相安定性をそこなうだけでなく,燃焼によって硫黄酸化物を発生し,大気汚染公害の原因になる。これを防ぐための脱硫法が古くから開発され,硫酸やアルカリを用いる化学処理が行われていたが,1950年代半ばころから水素化脱硫法が盛んに用いられるようになった。これは,接触改質法による安価な副生水素が利用できるようになったこと,また化学処理の場合のような精製油収率の低下や廃棄物の発生などがないこと,などのためである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水素化脱硫
すいそかだつりゅう
hydrodesulfurization

物質中に含まれる硫黄(いおう)化合物を水素化し、硫化水素に転化して除去する方法。現在では、おもに石油系燃料および石油化学原料の脱硫に用いられる。通常はこれらの原料に含まれている窒素、酸素、ハロゲン、金属の除去および不飽和炭化水素の水素化、分解などが同時におこるため、石油精製においては水素化精製、潤滑油の合成では水素化処理ともよばれる。
 有機硫黄化合物の水素化は、一般にチオール(メルカプタン)がもっとも容易で、以下、硫化物、二硫化物、環式硫黄化合物、チオフェンの順となり、また高分子量の物質ほど水素化されにくい。
 反応条件は、プロセスにより、また対象とする原料によりそれぞれ異なるが、圧力4~170気圧、温度290~450℃、アルミナに担持(安定に保持)したコバルト‐モリブデン硫化物あるいはニッケル‐モリブデン硫化物系の触媒が用いられる。
 大気汚染防止対策として、自動車用燃料であるガソリンおよびディーゼル軽油の高度脱硫プロセスが開発され、2005年(平成17)以降ガソリンおよびディーゼル軽油のサルファーフリー(硫黄分10ppm以下。ppm=100万分の1)が実現している。また、これによる排気ガス浄化触媒の高性能化および長寿命化の効果も大きい。
 生成した硫化水素は、酸化され単体硫黄として回収される。回収法には気相法と液相法とがある。気相法は、硫化水素の一部を酸化して二酸化硫黄とし、硫化水素と反応(クラウス反応)させて単体硫黄とする方法である。液相法は、硫化水素を弱アルカリ溶液に吸収し、溶液中で酸化剤を用いて酸化して、単体硫黄とする方法である。液相法は回収率は高いが、回収硫黄の純度は気相法のほうが高い。[八嶋建明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水素化脱硫の関連キーワード水素化物水素化ホウ素ナトリウム炭化物ヒ素中毒分解者硫化物弾性ゴム砒化水素脂肪族炭化水素ヒ素化合物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone