水薙鳥(読み)ミズナギドリ

デジタル大辞泉の解説

みずなぎ‐どり〔みづなぎ‐〕【水×薙鳥】

ミズナギドリ目ミズナギドリ科の海鳥の総称。上面が黒や灰色で腹部が白色のものが多い。翼は細くて長く、風を利用して水をなぐように滑空する。約60種があり、繁殖期以外は海洋で生活。オオミズナギドリ・シロハラミズナギドリなど。
ミズナギドリ目の鳥の総称。アホウドリ・ミズナギドリ・ウミツバメ・モグリウミツバメの4科約100種がある。鼻孔が管状でくちばしの上面か側面に開いているのが特徴で、管鼻類ともよばれた。全世界の海洋に分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水薙鳥 (ミズナギドリ)

動物。ミズナギドリ科に属する海鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android