コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水衣 ミズゴロモ

大辞林 第三版の解説

すいい【水衣】

青い苔こけ
水仕事などをする時に着る衣。みずごろも。

みずごろも【水衣】

能装束の一。緯よこ糸を太くするかまたは緩く織って波打たせた絹の上衣。シテが用いれば漁夫・樵きこりなどの粗衣に、ワキが用いれば僧衣となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水衣の言及

【黒衣】より

…いわば〈影〉の存在である。ただし,雪の場面では白い衣装の〈雪衣(ゆきご)〉,水中・海・川の場面では〈水衣(みずご)〉や〈浪衣(なみご)〉と,黒では目だつので舞台装置にあった保護色の衣装を着る場合もある。黒衣は原則として幹部俳優の門弟や下廻りの役者がつとめる。…

※「水衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水衣の関連キーワードスキンダイビング卒都婆小町弱法師着付け潜水服水仕事熨斗目能装束シテ漁夫ワキうば黒衣僧衣田村天鼓石橋粗衣油紙着付

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android