コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水衣 ミズゴロモ

3件 の用語解説(水衣の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

みず‐ごろも〔みづ‐〕【水衣】

能装束の一。単(ひとえ)の広袖で衽(おくみ)のある上衣。僧侶や尉(じょう)姥(うば)・男・女・子方などに広く用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すいい【水衣】

青い苔こけ
水仕事などをする時に着る衣。みずごろも。

みずごろも【水衣】

能装束の一。緯よこ糸を太くするかまたは緩く織って波打たせた絹の上衣。シテが用いれば漁夫・樵きこりなどの粗衣に、ワキが用いれば僧衣となる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の水衣の言及

【黒衣】より

…いわば〈影〉の存在である。ただし,雪の場面では白い衣装の〈雪衣(ゆきご)〉,水中・海・川の場面では〈水衣(みずご)〉や〈浪衣(なみご)〉と,黒では目だつので舞台装置にあった保護色の衣装を着る場合もある。黒衣は原則として幹部俳優の門弟や下廻りの役者がつとめる。…

※「水衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水衣の関連情報