コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姥/媼/祖母 ウバ

デジタル大辞泉の解説

うば【×姥/×媼/祖母】

年とった女。おうな。老女。老婆。
能面の一。老女の顔を表したもの。脇能(じょう)のツレ面としての用法が古く、檜垣(ひがき)卒都婆(そとば)小町などのシテ高砂淡路などのツレに用いる。⇔尉(じょう)
(祖母)そぼ。おばあさん。おおば。
「故―にて候(さぶら)ひし者の為に」〈沙石集・七〉

むば【×姥】

うば」に同じ。
「百年(ももとせ)の―と聞こえしは小町が果ての名なりけり」〈謡・関寺小町

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

むば【姥】

うば。老婆。 「これなる-こそ当所の人なれ/謡曲・高砂」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

姥/媼/祖母の関連キーワード山梨県笛吹市御坂町井之上茨城県ひたちなか市殿山町愛知県名古屋市熱田区伝馬宮城県柴田郡村田町小泉ティエンムー寺安田吉右衛門変成・変生伊藤長秋姥子温泉更科紀行打成一片倉田葛三矢部禎吉深沢七郎四十小島箱根七湯日前神宮五伴緒神滑川大滝笠原大梁

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android