コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水酸化スズ すいさんかスズtin hydroxide

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水酸化スズ
すいさんかスズ
tin hydroxide

(1) 水酸化スズ (II) ,水酸化第一スズ  Sn(OH)2 。両性水酸化物で,酸や過剰のアルカリに可溶。水酸化ナトリウム溶液中では亜スズ酸ナトリウム Na+HSnO2- となるが,Sn(OH)2 も Na+HSnO2- の溶液も高温では容易に分解し,褐色の酸化スズ SnO を析出する。 (2) 水酸化スズ (IV) ,水酸化第二スズ  Sn(OH)4 。スズ酸ともいう。両性水酸化物。水溶液を煮沸すると次第に結晶性を帯び,酸にも溶けにくくなる。コロイドをつくりやすく,一定の組成をもたない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水酸化スズ
すいさんかすず
tin hydroxide

スズの水酸化物。酸化数のスズの化合物が知られている。
(1)水酸化スズ() Sn(OH)2式量152.7。スズ()塩の水溶液は、酸を加えないと加水分解して白色沈殿を生じやすい。この白色沈殿の組成は古くSn(OH)2と書かれ、これが水酸化スズ()とされた。しかしこれは実は、3SnOH2OあるいはSn(OH)22SnOと書かれるのが正しく、構造もSn6の八面体からなるクラスター化合物のSn6O4(OH)4であることが確かめられている。沈殿は過剰の水酸化アルカリで亜スズ酸イオンSn(OH)3-を生じて溶ける。亜スズ酸イオンのアルカリ性溶液は強い還元作用をもつ。
(2)水酸化スズ() 確実なSn(OH)4の組成の物質は得られていない。塩化スズ()水溶液にアンモニア水を加えるとSnO2nH2Oとして得られる。これはα(アルファ)スズ酸とよばれる。これを水中で煮沸するとβ(ベータ)スズ酸とよばれるものとなる。また金属スズを濃硝酸で処理してもβスズ酸が得られる。βスズ酸はメタスズ酸ともよばれる。いずれも無色の粉末。αスズ酸は酸、アルカリに溶ける。βスズ酸は不溶。110℃で乾燥するとH2SnO3の組成のものが得られる。過剰のアルカリでスズ酸イオン[Sn(OH)6]2-を生じて溶ける。窯業用顔料、うわぐすり(釉)、研摩剤としての用途がある。[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水酸化スズの関連キーワード水酸化スズ(水酸化錫)酸化スズ(酸化錫)エステル交換

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android