コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水酸化スズ すいさんかスズ tin hydroxide

2件 の用語解説(水酸化スズの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水酸化スズ
すいさんかスズ
tin hydroxide

(1) 水酸化スズ (II) ,水酸化第一スズ  Sn(OH)2 。両性水酸化物で,酸や過剰のアルカリに可溶。水酸化ナトリウム溶液中では亜スズ酸ナトリウム Na+HSnO2- となるが,Sn(OH)2 も Na+HSnO2- の溶液も高温では容易に分解し,褐色の酸化スズ SnO を析出する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水酸化スズ
すいさんかすず
tin hydroxide

スズの水酸化物。酸化数のスズの化合物が知られている。
(1)水酸化スズ() Sn(OH)2式量152.7。スズ()塩の水溶液は、酸を加えないと加水分解して白色沈殿を生じやすい。この白色沈殿の組成は古くSn(OH)2と書かれ、これが水酸化スズ()とされた。しかしこれは実は、3SnOH2OあるいはSn(OH)22SnOと書かれるのが正しく、構造もSn6の八面体からなるクラスター化合物のSn6O4(OH)4であることが確かめられている。沈殿は過剰の水酸化アルカリで亜スズ酸イオンSn(OH)3-を生じて溶ける。亜スズ酸イオンのアルカリ性溶液は強い還元作用をもつ。
(2)水酸化スズ() 確実なSn(OH)4の組成の物質は得られていない。塩化スズ()水溶液にアンモニア水を加えるとSnO2nH2Oとして得られる。これはα(アルファ)スズ酸とよばれる。これを水中で煮沸するとβ(ベータ)スズ酸とよばれるものとなる。また金属スズを濃硝酸で処理してもβスズ酸が得られる。βスズ酸はメタスズ酸ともよばれる。いずれも無色の粉末。αスズ酸は酸、アルカリに溶ける。βスズ酸は不溶。110℃で乾燥するとH2SnO3の組成のものが得られる。過剰のアルカリでスズ酸イオン[Sn(OH)6]2-を生じて溶ける。窯業用顔料、うわぐすり(釉)、研摩剤としての用途がある。[守永健一・中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

水酸化スズの関連キーワード酸度水酸化物イオン水酸化鉄水酸化物水酸化酸化錫両性水酸化物水酸化珪素酸化スズ(酸化錫)水酸化スズ(水酸化錫)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone