コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

氷上志計志麻呂 ひかみの しけしまろ

3件 の用語解説(氷上志計志麻呂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

氷上志計志麻呂 ひかみの-しけしまろ

?-? 奈良時代,塩焼(しおやき)王の長男。
氷上川継(かわつぐ)の兄。神護景雲(じんごけいうん)3年(769)母の不破(ふわ)内親王が,一族の県犬養姉女(あがたのいぬかいの-あねめ)らとはかって志計志麻呂を皇位につけるため称徳天皇を呪詛(じゅそ)したとされ,志計志麻呂は土佐(高知県)に流された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

氷上志計志麻呂

生年:生没年不詳
奈良時代の貴族。塩焼王(758年に氷上を賜姓)と不破内親王の長子。新田部親王の孫。天平宝字8(764)年9月,藤原仲麻呂の乱に連座して父は斬刑に処されたが,母が聖武天皇の皇女であるところから志計志麻呂は罪を許された。しかし神護景雲3(769)年5月,母方の一族県犬養姉女が志計志麻呂を皇位につけようと企てて発覚,母は京外に追放,志計志麻呂も土佐国(高知県)に流された。以後消息不明。延暦1(782)年閏1月,弟の川継も皇位を主張して謀反を企てたが失敗,仲麻呂に偽立された父といい皇位の夢に翻弄されつづけた父子であった。

(瀧浪貞子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひかみのしけしまろ【氷上志計志麻呂】

奈良朝後期の賜姓皇族。生没年不詳。氷上塩焼(しおやき)の子で,母は聖武天皇の娘不破内親王。764年(天平宝字8)父塩焼は恵美押勝(藤原仲麻呂)とともに謀反をおこして誅殺されたが,志計志麻呂は母不破内親王によって連座しなかった。769年(神護景雲3)不破内親王は県犬養姉女,忍坂女王石田女王らと志計志麻呂を擁立しようと謀り,称徳天皇の頭髪を盗んで佐保川の髑髏(どくろ)に入れ,宮内に持ち込んで厭魅(えんみ)を行ったとして,厨真人厨女と改名されて京外に追放され,志計志麻呂は土佐国に遠流,姉女らも改名のうえ遠流となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

氷上志計志麻呂の関連キーワード日観蔡倫捜神記氷上塩焼目連劉徽雪村奈良朝沈銓『荘子』

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone