コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永井竜男 ナガイタツオ

4件 の用語解説(永井竜男の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ながい‐たつお〔ながゐたつを〕【永井竜男】

[1904~1990]小説家。東京の生まれ。人情の機微に触れた作風で知られ、短編に本領を発揮した。文化勲章受章。作「朝霧」「コチャバンバ行き」「秋」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

永井竜男【ながいたつお】

小説家。東京生れ。菊池寛に認められ,19歳のとき短編《黒い御飯》を《文芸春秋》に発表。庶民的な人情の機微をとらえ,短編の名手として知られた。《風ふたたび》(1951年朝日新聞連載)以後は新開小説作家としても活躍。
→関連項目丹羽文雄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永井竜男 ながい-たつお

1904-1990 昭和-平成時代の小説家。
明治37年5月20日生まれ。大正9年「活版屋の話」で菊池寛にみとめられる。昭和2年文芸春秋社に入社,「文芸春秋」編集長,専務をつとめる。戦後,人情の機微をえがく短編小説で知られた。41年芸術院賞,44年芸術院会員,56年文化勲章。平成2年10月12日死去。86歳。東京出身。作品はほかに「一個」「青梅雨(つゆ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

ながいたつお【永井竜男】

1904~1990) 小説家。東京生まれ。都会的な洗練された文体と巧みな構成で、市井の人情を描く。「黒い御飯」「風ふたたび」「蜜柑」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永井竜男の関連キーワード藤沢桓夫重兼芳子三田誠広石和鷹稲見一良中山あい子野沢純広瀬仁紀横関大今村夏子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone