永宣旨(読み)えいせんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

永宣旨
えいせんじ

永久に特権を許可する宣旨で,僧官の任命などに用いられた。たとえば,それによって紫衣の着用などが一度認められると,その後継者もその特権を継承しえるような宣旨。平安時代以後,特に室町,江戸時代に盛んに出された。ただし,宣旨の形でなく,綸旨院宣の形で出される場合も多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

えいせんじ【永宣旨】

ある権利を永久に許可する宣旨。綸旨りんじ・院宣により、僧官任命に用いることが多かった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えい‐せんじ【永宣旨】

〘名〙 ある特権を永久に許可する宣旨。また、綸旨、院宣の形式で出されたものも永宣旨と呼んだ。政務のことにも用いられたが、僧侶の補任に用いられることが多い。ようせんじ。
※西宮記(969頃)一三「下官宣旨〈是永宣旨也〉、弁仰下雑事、一向官所知」

よう‐せんじ ヤウ‥【永宣旨】

〘名〙 (「よう」は「永」の呉音) ある特別の権利を永久に許可する宣旨。えいせんじ。
※太平記(14C後)一七「当国の国衙を、山門永代管領すべき由、永宣旨(ヤウセンジ)を成て補任せらる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の永宣旨の言及

【宣旨】より

…ただし,単に宣旨という場合は,口宣や官宣旨を指す場合があり,その判断には十分注意する必要がある。宣旨の内容による名称として,衾宣旨(ふすまのせんじ)や永宣旨(えいせんじ∥ようせんじ)などがあるが,永宣旨とは,本来勅許・官裁を経るべき事項を将来いちいちの申請なしにその者の判断でなしうる権限を付与した宣旨をいう。しかしこれは必ずしも宣旨によらず,官符・官牒・官宣旨・院宣・綸旨等による場合も永宣旨と称した。…

※「永宣旨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android