コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永岡鶴蔵 ながおか つるぞう

2件 の用語解説(永岡鶴蔵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永岡鶴蔵 ながおか-つるぞう

1864*-1914 明治時代の労働運動家。
文久3年12月9日生まれ。各地の炭坑ではたらきながら,キリスト教をまなぶ。明治35年北海道夕張炭鉱で南助松と大日本労働至誠会をつくり,39年栃木県足尾銅山で同会足尾支部を発足させるが,40年の暴動事件で首謀者として投獄された(裁判で無罪)。大正3年2月10日死去。52歳。大和(奈良県)出身。旧姓は中井。
【格言など】正義人道のために献げたい(懺悔(ざんげ)して)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ながおかつるぞう【永岡鶴蔵】

1863‐1914(文久3‐大正3)
明治期の労働運動家。奈良県出身。鉱山の坑夫だったとき,キリスト教を知って労働者の救済と組織化のために生きることを決意し,1893年院内銀山鉱業条例遵守要求のストライキ,秋田県で鉱夫税反対闘争を指導し成功した。のち北海道夕張炭鉱に移り,1902年運搬夫の南助松と大日本労働至誠会を結成した。片山潜の影響で鉱山労働者の全国組織結成を決意,足尾銅山に移り活発な運動を展開し,06年12月南とともに労働至誠会足尾支部を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

永岡鶴蔵の関連キーワード安田鴨波文久永宝浅野忠純天津風雲右衛門井原喜代太郎太田峰三郎千宗左(12代)田阪信太郎永田仁助服部綾雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone