コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪書 アクショ

デジタル大辞泉の解説

あく‐しょ【悪書】

内容が俗悪で、読者や社会、特に青少年読者に悪影響を及ぼす本。
文字を書くのがへたなこと。悪筆。
「商戸なれば…書に心なし。故に―なる事人のみるところなり」〈胆大小心録

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あくしょ【悪書】

低俗な内容の本。読者や社会に悪い影響を与えるいかがわしい本。 ↔ 良書 「 -追放」
遊里や好色について書いた本。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

図書館情報学用語辞典の解説

悪書

社会的に「有害」とされる図書や雑誌などの資料.とくに過激な暴力や露骨な性の表現を含み,青少年悪影響を及ぼすおそれがあるとされる出版物をさす.1955(昭和30)年,全国的に悪書追放運動が広がり,ほとんどの都道府県で青少年健全育成条例が制定されたが,この条例で青少年に「有害」と指定された図書類を「有害図書」という(東京都では「不健全図書」).日本の出版業界では,1991(平成3)年より「成年コミックマーク」を自主的に表示するなど,書店での区分陳列を図ってきたが,出版の自由,図書館の自由との関係で論議を呼ぶことも多い.

出典|図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について | 情報

悪書の関連キーワード比嘉 正子周官新義毒する氾濫遊里

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪書の関連情報