コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖縄記念公園 おきなわきねんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖縄記念公園
おきなわきねんこうえん

沖縄県本部町にある海洋博公園(海洋博覧会地区)と,那覇市にある首里城公園首里城地区)からなる国営公園。海洋博公園は 1975年に開催された国際海洋博覧会の会場跡地を利用して 1976年に開園。面積は約 71.6万m2。園内には世界最大級の沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)や多くの熱帯植物を集めた熱帯ドリームセンター,アジア・太平洋地域の漁具,船などを収集,展示した海洋文化館など各種の施設が設けられている。首里城公園は第2次世界大戦で焼失した首里城を跡地に復元する事業を中心に,一帯を整備。1992年,正殿,瑞泉門などの復元完成により一部開園,その後も逐次施設が公開されている。面積は約 2.7万m2。園内の円覚寺跡と首里城跡は国指定史跡,旧円覚寺放生橋と園比屋武御嶽石門(すぬひあんうたきせきもん)は国の重要文化財,玉陵(たまうどぅん)は国の史跡・重要文化財。首里城跡,園比屋武御嶽石門,玉陵は,2000年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖縄記念公園
おきなわきねんこうえん

沖縄県国頭(くにがみ)郡本部(もとぶ)町および那覇(なは)市に位置する国営公園。海洋博覧会地区(通称海洋博公園)と首里(しゅり)城地区(通称首里城公園)からなる。海洋博覧会地区は沖縄国際海洋博覧会(1975年7月~1976年1月)を記念して1975年(昭和50)に事業開始、1976年開園した沖縄海洋博覧会記念公園を継承したもので、面積77.2ヘクタール、うち開園面積71.6ヘクタール。首里城地区は1986年に沖縄日本復帰記念事業の一環として城壁、城門の復原工事が始められた国指定史跡の首里城跡で、1989年(平成1)には正殿の復原も着手され、面積4.7ヘクタール、うち開園面積2.7ヘクタール。両地区は1987年国営公園沖縄記念公園として統合された。海洋博覧会地区は沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館や海洋文化館、熱帯ドリームセンターなどが整備されている。首里城地区は1992年から一部開園し、首里城正殿や守礼門などが整備されている。2000年(平成12)に首里城跡が世界遺産に登録された(登録名は「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」)。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

沖縄記念公園の関連キーワード沖縄県国頭郡本部町石川沖縄海洋博覧会記念公園沖縄県国頭郡本部町沖縄美ら海水族館本部(町)海洋文化館首里城跡水族館玉陵首里

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖縄記念公園の関連情報