玉陵(読み)タマウドゥン

デジタル大辞泉の解説

沖縄県那覇市にある、琉球王国第二尚氏王統の墓。16世紀初頭、尚真王によって、父の尚円王を葬るために造られた。沖縄戦で大きな被害を受けるが、戦後に修復され、昭和47年(1972)全体が国指定史跡、玉陵墓室石牆(せきしょう)が国の重要文化財(建造物)。平成12年(2000)「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つとして世界遺産(文化遺産)に登録された。→琉球

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国指定史跡ガイドの解説


沖縄県那覇首里にある墓所。首里城西方の丘陵上にある琉球王朝第二尚氏歴代の陵墓で、尚真王が父王尚円の遺骨を見上森(みあげむい)から改葬するために創建したといわれる。沖縄の墓制上きわめて貴重な遺跡であることから、1972年(昭和47)に国の史跡に指定された。外郭にある1501年建立の石碑「たまうどぅんのひのもん」によれば、尚円王統のうち、尚真、尚真の妹、尚清および尚清の兄弟ら9人の子孫は永久に玉陵に葬られる資格ありと定め、尚真の長子である尚維衡(いこう)とその子孫のみ除外しており、王位継承問題と関連があると考えられている。陵墓は広さ約1ha、内外2郭で構成されるが、それぞれアーチ式の石門をもち、各郭は琉球石灰岩の相方積みによる高い石垣で画されている。内郭の庭には珊瑚砂利が敷き詰められ、正面にある墓堂は3室に分かれ、東側の室が洗骨後の王および王妃、中央の中室は洗骨までの遺骸を安置する室で、西側の室は正嫡以外の家族の洗骨後の遺骨を納めた。第2次大戦でかなり破壊されたが、内外郭と墓堂は威風を保っている。2000年(平成12)に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、世界遺産に登録された。那覇バスターミナルから沖縄バス「首里城前」下車、徒歩約3分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉陵の関連情報