コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙市 さし

3件 の用語解説(沙市の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

沙市【さし】

荊州(けいしゅう)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さし【沙市 Shā shì】

中国,湖北省の中部南寄り,長江(揚子江)の北岸の商工業都市。江陵の外港として古くより発達した。古名を沙頭市と呼び,唐・宋ごろから沙市として広く知られるようになった。長江の航運のほか,便河運河により漢口に達し,北は水路沿いに漢水と連絡でき,南は虎渡河経由で洞庭湖に通じ,江漢平原中部の物資集散地として重要な地位を占め,小漢口とも呼ばれる太平天国の乱で湖北東部が戦場となると,四川からの船はここで止まったためにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沙市
さし / シャーシー

中国、湖北(こほく/フーペイ)省中部南寄りにある荊州(けいしゅう/チンチョウ)市の一区。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))中流の北岸に位置する。人口50万9315(2000)。もとは江陵(こうりょう/チヤンリン)県に属する鎮(地方商業中心の町)であったが、1949年に市となり、1994年荊沙市(1996年荊州市と市名変更)の成立に伴いその一区となった。水陸の交通が便利で、長江の重要な河港の一つであり、江漢(こうかん)平原屈指の物資集散地である。解放後、紡織、機械、電子、化学、食品加工などの工業が発展している。史跡として楚(そ)の霊王(れいおう)の行宮章華台(しょうかだい)の跡といわれる章華寺や万寿宝塔などがある。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沙市の関連キーワード漢口荊州湖北赤壁武昌揚子江揚子江気団黄鶴楼三峡潯陽

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沙市の関連情報