コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢桔梗 サワギキョウ

デジタル大辞泉の解説

さわ‐ぎきょう〔さはギキヤウ〕【沢×梗】

キキョウ科の多年草。湿地に群生し、高さ約90センチ。茎は分枝しない。夏から秋に、紫色の唇形の花を総状につける。 秋》「―寂き花の濃紫/友二」
ハルリンドウの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さわぎきょう【沢桔梗】

キキョウ科の多年草。山中の湿地に生える。高さ約1メートル。葉は披針形。八、九月に、紫色で五深裂した左右相称の花を総状に多数つける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

沢桔梗 (サワギキョウ)

学名:Lobelia sessilifolia
植物。キキョウ科多年草,高山植物,園芸植物,薬用植物

沢桔梗 (サワギキョウ)

植物。リンドウ科の二年草。ハルリンドウの別称

沢桔梗 (サワギキョウ)

植物。ミズアオイ科の抽水性一年草。ミズアオイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

沢桔梗の関連キーワードサワギキョウ左右相称ロベリア披針形総状湿地濃紫唇形

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沢桔梗の関連情報