弱冠(読み)ジャッカン

デジタル大辞泉の解説

じゃっ‐かん〔ジヤククワン〕【弱冠】

《「礼記」曲礼上の「二十をと曰ひてす」から》男子20歳のこと。
年が若いこと。「弱冠27歳で代議士に当選した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

弱冠

『礼記』の「二十を弱冠と曰(い)う」という記述によって、二〇歳を弱冠という。しかし、最近は年の若いことをいうようになった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃっかん【弱冠】

〔「礼記曲礼上」による。二〇歳を「弱」といって元服して冠をかぶったことから〕 男子二〇歳のこと。
年が若いこと。 「彼は-二五歳にしてすでに高名な詩人となっていた」 〔「若冠」と書くのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弱冠の関連情報