弱冠(読み)ジャッカン

デジタル大辞泉の解説

じゃっ‐かん〔ジヤククワン〕【弱冠】

《「礼記」曲礼上の「二十をと曰ひてす」から》男子20歳のこと。
年が若いこと。「弱冠27歳で代議士に当選した」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

弱冠

『礼記』の「二十を弱冠と曰(い)う」という記述によって、二〇歳を弱冠という。しかし、最近は年の若いことをいうようになった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃっかん【弱冠】

〔「礼記曲礼上」による。二〇歳を「弱」といって元服して冠をかぶったことから〕 男子二〇歳のこと。
年が若いこと。 「彼は-二五歳にしてすでに高名な詩人となっていた」 〔「若冠」と書くのは誤り〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゃっ‐かん ジャククヮン【弱冠】

〘名〙
① (中国周代の制で、男子二〇歳を「弱」といい、元服して冠をかぶる(「礼記‐曲礼上」)ところからいう) 男子二〇歳の異称。また、成年に達すること。
※懐風藻(751)大友皇子伝「年甫弱冠、拝太政大臣、総百揆以試之」
※太平記(14C後)一二「弱冠の比(ころ)より〈略〉笠懸(かさがけ)・犬追物(いぬおふもの)を好み」
② 年齢の若いこと。弱年。
※明衡往来(11C中か)下本「右弱冠之間、学問為宗」
※咄本・私可多咄(1671)二「昔、予弱冠(ジャククン)のころ、愚父とさがにまかりし事有」
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉五「弱冠三十四歳で和歌山県会の議長を勤めるようになっていた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

弱冠の関連情報