コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原崎国太郎(5世) かわらさきくにたろうごせい

1件 の用語解説(河原崎国太郎(5世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河原崎国太郎(5世)
かわらさきくにたろうごせい

[生]1909.10.14.
[没]1990.10.11.
歌舞伎俳優。屋号山崎屋。本名松山太郎。父は洋画家松山省三。2世市川猿之助の門弟で,市川笑也を名のる。前進座の創立に参加し,1932年襲名。長く同座の立女方として活躍し,特に世話物や悪婆物にすぐれた舞台をみせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の河原崎国太郎(5世)の言及

【前進座】より

…第2次世界大戦後,青年劇場運動で注目されたが,49年共産党に集団入党し,民族文化の改良と創造を唱えた。これを契機に商業劇場から一時締め出されたが,講和後,長十郎の《鳴神》,翫右衛門の《俊寛》,5世河原崎国太郎の《切られお富》,5世嵐芳三郎の《寺子屋》,瀬川菊之丞の《阿部一族》などで旺盛な活動を試みた。67年9月思想的対立から長十郎を除名する事件があったが,79年12月歌舞伎座で創立50年記念公演を行い,82年10月東京・吉祥寺の劇団敷地内に前進座劇場を開場。…

※「河原崎国太郎(5世)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河原崎国太郎(5世)の関連キーワード階乗Nエヌ没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone