コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原者 かわらもの

6件 の用語解説(河原者の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河原者
かわらもの

中世の賎民の呼び名。河原など課税されない土地に住み,牛馬のと畜などを行なって生活していた人々であるが,手工業者なども含まれていた。さらに芸能を職とする者もいて,中世の文化を担っていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわら‐もの〔かはら‐〕【河原者】

中世、非課税地を求めて河原に住みつき、卑賤視された労働や雑芸能などに従事した人々。
河原乞食(こじき)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

河原者【かわらもの】

日本の中世社会において穢(けがれ)視された集団の呼称。無縁的・境界的領域である河原に集住し,斃牛馬処理や葬送のほか寺社など〈聖なる場〉の清掃,刑吏役,癩者の管理など,清め機能に深くかかわった。
→関連項目善阿弥賤民被差別部落

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわらもの【河原者】

江戸時代に,歌舞伎役者大道芸人旅芸人などを社会的に卑しめて呼んだ称。河原乞食ともいった。元来,河原者とは,中世に河原に居住した人たちに対して名づけた称である。河川沿岸地帯は,原則として非課税の土地だったので,天災・戦乱・苛斂誅求などによって荘園を追われたり離れたりした流亡民たちがここに定住し,零細な農耕を営む一方,貴族・寺社の社会から賤業と見なされた雑業に従って生活していた。彼らが従事した業は,皮革生産・鳥獣屠殺・死体埋葬・清掃・細工・染色など,実にさまざまの種類にわたっていたが,室町時代末期には作庭にすぐれた才能を持つ河原者が輩出したことが知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かわらもの【河原者】

中世、牛馬の屠殺とさつ・皮革加工・染色・遊芸・造園などの職業に従事した人々を賤民せんみん視していった語。
江戸時代、歌舞伎役者を卑しめていった語。河原乞食こじき

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河原者
かわらもの

江戸時代における役者をはじめ芝居関係者、大道芸人、旅芸人などの蔑称(べっしょう)。河原乞食(こじき)ともいった。本来は中世に河原に居住した人々の称で、12世紀ごろから天災や戦乱、貧困などによる流亡民のうち、非課税地の河原に逃れた者をよんだのが始まり。零細な農耕や行商、と畜、皮革の加工、染色、清掃、死体埋葬などのほか、散楽(さんがく)の伝統を引く雑芸能を行う者が多かったのが特色である。近世に入ると、彼らの一部は独立した職業として確立したが、大半は厳格な身分制度のもとで四民の下の制外者(にんがいもの)扱いにされ、差別を受けた。しかし、寺社の権力を背景にしていろいろな特権を得て、とくに諸種の芸能の勧進(かんじん)興行は河原で催されることが多かったので、河原者がその支配権を握り、説経、浄瑠璃(じょうるり)、操り、からくりなどに地方の新芸能も加わって、近世の庶民芸能はほとんどが河原で育てられた。京都・四条河原で行われた出雲(いずも)の阿国(おくに)の歌舞伎(かぶき)踊りはもっとも有名。こうした発生の由来から、劇場が河原を離れたのちも、河原者という語が芝居関係者の差別語として用いられ、一般社会から卑しめられる風習が明治になるまで続いた。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の河原者の言及

【皮∥革】より

…生産した皮革は,馬皮・牛皮・鹿皮・熊皮などで,皮革の表面に模様の型をあておいて松葉(またはわら)の煙でいぶし,型の部分を生地色のままに残した燻革(ふすべがわ)や,紫革・緋革・纈革(しぼりがわ)・画革・白革などの染革(そめがわ)も作られた。 荘園制のもとでは,従来の官営工房から流出した技術者たちがその技能をもって荘園領主に抱えられたり,技能を受けついだ河原者たちが斃牛馬(たおれぎゆうば)の解体処理を生業の一環としたりして,皮革生産が行われ,高まる需要に応じていた。また,皮革の直接生産者から製品を集め,それを用途に応じて適当に裁断したものを商う切革(きりかわ)(切皮)職人の同業組織である切革座(きりかわのざ)も12世紀なかばの京都で出現し,後世の皮屋・切革屋の源流をなした。…

【庭者】より

…室町時代に活躍した河原者(かわらもの)の別称の一つ。また,江戸時代には徳川将軍家に仕え,白衣で江戸城の奥庭の清掃や将軍の身の警備に従事するとともに,秘密情報の収集・提供を行った〈御休息御庭之者(ごきゆうそくおにわのもの)〉(ふつうには庭番(にわばん),御庭番(おにわばん)といった)のことをさし,さらには〈猿楽師(能役者)〉に対する軽侮の念のこもった言葉として使われた語。…

【被差別部落】より

…彼ら〈非人〉の多くは,京都(京)の清水坂(きよみずざか)や奈良(南京・南都)の奈良坂など都市の周縁部に位置する交通の要衝や,荘園内に設定された〈散所(さんじよ)〉という地域を根拠地として,〈非人長吏(ちようり)〉や〈散所長者〉による統率・管理のもとで集落生活を営んでいた。さらに鎌倉時代中期には,すでにこの〈キヨメ〉たち(職能の呼称が,それに携わる人の呼称にもなった)は〈えた〉と同一視されており,〈えた〉はまた〈河原のえた〉ともいわれたように〈河原者(かわらもの)〉と一体であったことが知られている。〈河原者〉は河原の刑場での処刑に関する雑役,河原を作業場とする鳥獣の屠割や皮革の生産を主たる生業としたが,南北朝時代以降,彼らのなかから作庭に従事する〈山水(せんずい)河原者〉が輩出したことは文化史上に名高い。…

※「河原者」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河原者の関連情報