コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河竹登志夫 かわたけ としお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河竹登志夫 かわたけ-としお

1924-2013 昭和後期-平成時代の演劇研究家。
大正13年12月7日生まれ。河竹繁俊(しげとし)の次男。河竹黙阿弥の曾孫。昭和39年早大教授。演劇学,歌舞伎論を専攻。56年黙阿弥を素材にした「作者の家」で読売文学賞。平成2年日本演劇学会会長。同年共立女子大教授。5年日本演劇協会会長。12年芸術院恩賜賞。13年都民劇場理事長。同年文化功労者。平成25年5月6日死去。88歳。東京出身。東京帝大理学部卒,早大文学部卒。本名は俊雄。著作に「比較演劇学」「歌舞伎美論」「日本の古典芸能―名人に聞く究極の芸」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

河竹登志夫【かわたけとしお】

演劇研究家で,歌舞伎研究の第一人者。東京都生れ。本名俊雄。演劇研究家の河竹繁俊の二男で,幕末から明治期にかけて活躍した歌舞伎作者の河竹黙阿弥(もくあみ)の曾孫(そうそん)にあたる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河竹登志夫
かわたけとしお

[生]1924.12.7. 東京
[没]2013.5.6. 東京
演劇研究家。本名俊雄。江戸末期から明治にかけて活躍した歌舞伎作者,河竹黙阿弥の曾孫。1946年東京帝国大学理学部物理学科を卒業したのち,早稲田大学に入り,演劇を専攻。1954年同大学大学院を修了。1957~58年アメリカ合衆国に留学。1964年早稲田大学教授,1990年共立女子大学教授に就任。日本の伝統演劇を世界のさまざまな種類の演劇と重ねて,違いと共通性を考察する比較演劇学を体系化し,歌舞伎シェークスピア劇(→シェークスピア)などと並ぶ「バロック演劇」と位置づけた。歌舞伎公演の監修なども数多く手がけ,1960年から本格的になった歌舞伎の海外公演にたびたび同行し,講演や解説で普及に尽力した。1993年日本演劇協会会長に就任,2007年同名誉会長。著書に『比較演劇学』(1967),『作者の家:黙阿弥以後の人びと』(1980,読売文学賞,毎日出版文化賞),『歌舞伎』(2013)など多数。1968年芸術選奨文部大臣新人賞,2000年日本芸術院賞恩賜賞を受賞。1987年紫綬褒章,1995年勲三等旭日中綬章を受章。2001年文化功労者に選ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

河竹登志夫の関連キーワード市村 羽左衛門(15代目)尾上 梅幸(6代目)歌舞伎(演劇)観世 榮夫12月7日近代劇序破急

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

河竹登志夫の関連情報