演劇学(読み)えんげきがく

日本大百科全書(ニッポニカ)「演劇学」の解説

演劇学
えんげきがく

演劇を対象とする学問美学、文芸学、音楽学、一般芸術学などと並ぶ学問の一分野であるが、このような意味での演劇学の樹立が提唱されたのは20世紀初頭である。

 西洋では古代ギリシアにアリストテレスの『詩学』があり、近世以後はボアロー、レッシングをはじめ多くの演劇論者が生まれた。しかしそのほとんどは戯曲論、戯曲作法、つまりドラマツルギーであった。日本では逆に『風姿花伝(ふうしかでん)』ほかの世阿弥(ぜあみ)の能楽論や近松門左衛門の「虚実皮膜論」、「役者評判記」のような演技、演出すなわち芸論が主であって、東西ともに体系的な演劇学ではなかった。20世紀になって西洋で演劇学の必要が唱えられたのには、二つの動機があった。第一は近代になって舞台美術、照明、効果、舞台機構などの要素が分化発達した結果、総合芸術としての演劇を多角的に研究する必要が生じたこと、第二は美学から芸術学が、詩学から文芸学が独立し、音楽学が提唱されるというような学界の一般的趨勢(すうせい)があったことである。

 こうしておもにドイツのロベルト・プレールス、マックス・ヘルマン、フーゴー・ディンガーらによってこの学問の目的、方法、対象などが検討され始め、演劇学Theaterwissenschaft(ドイツ語)という語が生まれた。続いてカール・ハーゲマンは『演出論』(1916)、『近代舞台芸術』(1921)で舞台統率者としての演出の機能を論じ、ユリウス・バープは『演劇社会学』(1931)により、作者、俳優、観客は本来三位(さんみ)一体であることを文化人類学や社会学の視野から主張した。さらにアルトゥール・クッチャーは『演劇学綱要』において、発生論的方法により演劇の本質的要素として身ぶりMimik(ミミーク)ということを抽出、イギリスのジェーン・ハリソンは『古代芸術と祭式』(1918)で演劇の祭祀(さいし)性を文化史論的に明らかにした。これらは大正末期から日本にも影響を及ぼし、第二次世界大戦後日本演劇学会の創立(1949)をもたらし、まだ多くはないが、大学に演劇学科も設けられるようになった。この学問はまだ若いのと、対象が複雑多岐であるため各論的研究を多く出ないが、比較研究や構造主義、記号学なども導入され、新しい展開が期待されている。各国をつなぐ組織としては国際演劇学会連合、国際演劇史研究会議などがあり、日本演劇の研究についてはウィーンに「ヨーロッパ日本演劇文化研究センター」が設立(1981)され、演劇学の国際交流が進められている。

河竹登志夫

『河竹登志夫著『演劇概論』(1978・東京大学出版会)』『河竹登志夫著『比較演劇学』(1967・南窓社)』『河竹登志夫著『続比較演劇学』(1974・南窓社)』『小畠元雄著『演劇学の基本問題』(1969・風間書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「演劇学」の解説

演劇学
えんげきがく

演劇を体系的に研究することによってその本質を追求する学問。アリストテレスの『詩学』以来,ローマのホラチウスを経て,ルネサンス期のイギリスの P.シドニー,J.ドライデン,フランスの N.ボアロー=デプレオーにいたるまでの研究はいずれも戯曲論であり,この傾向は 19世紀の G.フライタークや W.アーチャーの劇作法が出るまで変らなかった。しかし 19世紀から 20世紀にかけての科学技術の進歩に伴う舞台機構や装置,照明のメカニズムの発達は,演劇学のあり方にも変化をもたらした。 A.アッピア,E.G.クレイグ,M.ラインハルトらの反自然主義的演劇理論とその実践は,これまでの戯曲中心の演劇を総合的な全体演劇の方向へ変えていった。その結果,演劇学の学問的体系性はくずれはしたが,今日の A.アルトーや J.グロトフスキらの演劇の実践と切り離せない理論が演劇学の対象として新たに取上げられるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「演劇学」の解説

えんげきがく【演劇学】

ひろくは演劇に関するあらゆる研究をつつむ語であるが,狭義ではドイツで提唱されたTheaterwissenschaft(演劇学)の理念を重んじて,これを日本へ移植する努力のうちに定着した学問的名称である。 今日,演劇の理論的研究は,大学文学部の国文学,外国文学,美学,社会学などの諸学科を拠点として行われているのが通例である。しかしドイツ語圏では,20世紀初頭から,大学内に独立の講座や学科を設けて演劇研究の自律性を打ち出したところがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android