コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演劇学 えんげきがく

3件 の用語解説(演劇学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

演劇学
えんげきがく

演劇を体系的に研究することによってその本質を追求する学問。アリストテレスの『詩学』以来,ローマホラチウスを経て,ルネサンス期のイギリスの P.シドニー,J.ドライデンフランスの N.ボアロー=デプレオーにいたるまでの研究はいずれも戯曲論であり,この傾向は 19世紀の G.フライタークや W.アーチャーの劇作法が出るまで変らなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

えんげきがく【演劇学】

ひろくは演劇に関するあらゆる研究をつつむ語であるが,狭義ではドイツで提唱されたTheaterwissenschaft(演劇学)の理念を重んじて,これを日本へ移植する努力のうちに定着した学問的名称である。 今日,演劇の理論的研究は,大学文学部の国文学,外国文学,美学,社会学などの諸学科を拠点として行われているのが通例である。しかしドイツ語圏では,20世紀初頭から,大学内に独立の講座や学科を設けて演劇研究の自律性を打ち出したところがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

演劇学
えんげきがく

演劇を対象とする学問。美学、文芸学、音楽学、一般芸術学などと並ぶ学問の一分野であるが、このような意味での演劇学の樹立が提唱されたのは20世紀初頭である。
 西洋では古代ギリシアにアリストテレスの『詩学』があり、近世以後はボアロー、レッシングをはじめ多くの演劇論者が生まれた。しかしそのほとんどは戯曲論、戯曲作法、つまりドラマツルギーであった。日本では逆に『風姿花伝(ふうしかでん)』ほかの世阿弥(ぜあみ)の能楽論や近松門左衛門の「虚実皮膜論」、「役者評判記」のような演技、演出すなわち芸論が主であって、東西ともに体系的な演劇学ではなかった。20世紀になって西洋で演劇学の必要が唱えられたのには、二つの動機があった。第一は近代になって舞台美術、照明、効果、舞台機構などの要素が分化発達した結果、総合芸術としての演劇を多角的に研究する必要が生じたこと、第二は美学から芸術学が、詩学から文芸学が独立し、音楽学が提唱されるというような学界の一般的趨勢(すうせい)があったことである。
 こうしておもにドイツのロベルト・プレールス、マックス・ヘルマン、フーゴー・ディンガーらによってこの学問の目的、方法、対象などが検討され始め、演劇学Theaterwissenschaft(ドイツ語)という語が生まれた。続いてカール・ハーゲマンは『演出論』(1916)、『近代舞台芸術』(1921)で舞台統率者としての演出の機能を論じ、ユリウス・バープは『演劇社会学』(1931)により、作者、俳優、観客は本来三位(さんみ)一体であることを文化人類学や社会学の視野から主張した。さらにアルトゥール・クッチャーは『演劇学綱要』において、発生論的方法により演劇の本質的要素として身ぶりMimik(ミミーク)ということを抽出、イギリスのジェーン・ハリソンは『古代芸術と祭式』(1918)で演劇の祭祀(さいし)性を文化史論的に明らかにした。これらは大正末期から日本にも影響を及ぼし、第二次世界大戦後日本演劇学会の創立(1949)をもたらし、まだ多くはないが、大学に演劇学科も設けられるようになった。この学問はまだ若いのと、対象が複雑多岐であるため各論的研究を多く出ないが、比較研究や構造主義、記号学なども導入され、新しい展開が期待されている。各国をつなぐ組織としては国際演劇学会連合、国際演劇史研究会議などがあり、日本演劇の研究についてはウィーンに「ヨーロッパ日本演劇文化研究センター」が設立(1981)され、演劇学の国際交流が進められている。[河竹登志夫]
『河竹登志夫著『演劇概論』(1978・東京大学出版会) ▽河竹登志夫著『比較演劇学』(1967・南窓社) ▽河竹登志夫著『続比較演劇学』(1974・南窓社) ▽小畠元雄著『演劇学の基本問題』(1969・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演劇学の関連キーワード日本演劇学会あらゆる有りと有らゆる小野興作斎藤一寛田仲一成《アイヌ語の構造に関する研究》《商業一般の性質に関する研究》女子に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約《富の理論の数学的原理に関する研究》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

演劇学の関連情報