コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河骨・川骨(読み)こうほね

大辞林 第三版の解説

こうほね【河骨・川骨】

スイレン科の多年草。小川や池沼に生える。根茎は太く泥中に横たわり、白い。葉は大きく長卵形。夏、花茎を水上に出し頂に黄色の花を一個つける。根茎を漢方で川骨せんこつと呼び、強壮薬・止血薬などとして用いる。かわほね。 [季] 夏。 《 -の二もと咲くや雨の中 /蕪村 》
家紋の一。の葉と花をかたどったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android