法安寺跡(読み)ほうあんじあと

国指定史跡ガイドの解説

ほうあんじあと【法安寺跡】


愛媛県西条市小松町にある寺院跡。高縄(たかなわ)半島東側の付け根に広がる道前(どうぜん)平野の中央を流れる中山川右岸に所在する。1934年(昭和9)に礎石の位置や周辺部の測量図が作成され、1944年(昭和19)に国の史跡に指定された。南北には2個の礎石群があるが、北方のものは金堂跡と認められ、今の法安寺本堂になる薬師堂の下に礎石8個、堂前付近にも数個の礎石があり、これらは同一の基壇上にあったと推定されている。塔跡は1辺約12mの基壇上に16個の礎石があり、この塔跡から北に30mの位置には金堂跡の14個の礎石が残っている。金堂跡の北に講堂跡、その付近に鐘楼跡、鎮守社跡と思われる所があることから、主要伽藍(がらん)は塔、金堂、講堂を南北線上に配する四天王寺式であると推定。域内からは数多くの遺物が出土し、単弁八葉蓮華文軒丸瓦(のきまるがわら)、複弁八葉蓮華文軒丸瓦、重弧文軒平瓦など、多量の瓦や須恵器(すえき)、土師器(はじき)も含まれていることから、飛鳥時代から平安時代中期にかけて寺が存続していたことが明らかになっている。JR予讃線伊予小松駅から徒歩約25分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android