法廷秩序維持法(読み)ホウテイチツジョイジホウ

デジタル大辞泉の解説

ほうていちつじょいじ‐ほう〔ハフテイチツジヨヰヂハフ〕【法廷秩序維持法】

《「法廷等の秩序維持に関する法律」の略称》民主社会における法の権威を確保するため、法廷等の秩序を維持し、裁判の威信を保持することを目的として制定された法律。昭和27年(1952)施行。法廷内外で、裁判官の命令・措置に従わず、暴言暴行・喧騒その他の不穏当な言動で裁判所職務執行を妨害したり、裁判の威信を著しく傷つけた者は、20日以下の監置または3万円以下の過料に処される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法廷秩序維持法【ほうていちつじょいじほう】

正称は〈法廷等の秩序維持に関する法律〉(1952年)。裁判官が法廷の内外で行う審判その他の手続を裁判官の命令に反する行動や暴行・喧騒(けんそう)その他の言動で妨害した者や,裁判所の威信を著しく害した者に対して,簡易な手続で制裁(20日以下の監置もしくは3万円以下の過料)を加えることを規定。英米法の法廷侮辱罪を範とする。→法廷警察権
→関連項目審判妨害罪

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうていちつじょいじほう【法廷秩序維持法】

正称、法廷等の秩序維持に関する法律。1952年(昭和27)制定。法廷など裁判手続が行われる場での秩序を維持するため、裁判所が命じた事項を行わないもしくは執った措置に従わない、または暴言、暴行などで裁判所の職務の執行を妨害した者などに対し、その場で直ちに制裁を科すことを規定する法律。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうていちつじょいじ‐ほう ハフテイチツジョヰヂハフ【法廷秩序維持法】

〘名〙 「ほうていとうのちつじょいじにかんするほうりつ(法廷等秩序維持関法律)」の略称。裁判所に対する侮辱的な行為に対して、法廷などの秩序を維持するため簡単な手続で制裁を加えることを定めた法律。昭和二七年(一九五二)制定。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android