法廷侮辱罪(読み)ホウテイブジョクザイ

デジタル大辞泉の解説

ほうていぶじょく‐ざい〔ハフテイブジヨク‐〕【法廷侮辱罪】

法廷秩序を維持するための裁判所の命令や措置に違反したり、暴言暴行を行ったりして、裁判所の権威を傷つける罪。昭和27年(1952)制定の「法廷等の秩序維持に関する法律」が適用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

法廷侮辱罪【ほうていぶじょくざい】

裁判所が伝統的に高い権威を持ち,国民の信頼も深い英米法上,裁判所の権威を侵害する行為について成立する罪。contempt of court。裁判所の審理を妨害する直接侮辱のほか,裁判所の命令への不服従や出版物による係属中の事件への批判などの間接侮辱も含む。陪審(ばいしん)による審理を用いずに略式手続で処罰(罰金または拘禁)される。ただし,近年,制約を付される傾向にある。→法廷秩序維持法
→関連項目審判妨害罪法廷

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法廷侮辱罪の関連情報