コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法政策学 ほうせいさくがく

世界大百科事典 第2版の解説

ほうせいさくがく【法政策学】

法律学の一分野の名称として用いられる語。その意味は,用いる者により異なり,また,明確に規定されているわけではないが,〈一定の法目的の実現のために最も有効で能率的な法技術の体系を科学的に探究する学問〉(碧海純一)というのが,現在までに試みられた最も明確な定義である。これによれば,法政策学(ドイツ語のRechtspolitikにあたるとされている)に属する代表的な学問分野は,刑事政策学Kriminalpolitikだと解されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法政策学
ほうせいさくがく

立法学」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法政策学
ほうせいさくがく

広義には、現在の社会状態の客観的認識に基づいて、新たにどのような立法が必要か(立法政策)、あるいは現行法制度の解釈・運用をどのように現状に即応したものにできるかといった問題を研究する学問であるといえるが、明確なイメージや方法・体系があるわけではない。しかし近年、平井宜雄(よしお)が、コース、カラブレジ、ポズナーらの、厚生経済学を理論的基礎とする「法と経済学」law and economicsに刺激されつつ、現代法を資源の効率的配分を実現するシステムとして再認識し運用する考え方を「法政策学」の名で提唱し、注目されている。それによれば、現代法は、裁判を中心とする個別的正義を目ざす権利・義務型の法から、政策的志向を強くもった資源配分の法へと重点を移してきており、それに即応できる法制度設計の技術を提供するのが法政策学だとされる。[名和田是彦]
『平井宜雄著『法政策学』(1987・有斐閣)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の法政策学の言及

【法学】より

…広義には法を対象とするさまざまの学問の総称である。その中には法解釈学,法政策学のほか,法史学(法制史),法社会学比較法学などの法現象を事実認識の対象とする経験諸科学,および法の概念や法学の学問的性格などの問題を取り扱う法哲学が含まれる。このうち法解釈学は,法哲学とともに最も古くから発達し,かつ法学者の大多数によって研究されている学問であり,ふつう法学または法律学といえば法解釈学をさす。…

※「法政策学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法政策学の関連キーワードL. ペトラジツキー環境アセスメントペトラジツキー帝塚山大学地球温暖化法解釈学法律学法学

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android