コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泡ガラス あわガラスfoam glass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泡ガラス
あわガラス
foam glass

気泡ガラスともいう。 (1) 気孔が多く,軽石のような形状のガラス製品。微粉末のガラスに炭素や炭酸カルシウムなどのガス発泡剤を混合し,耐火性の型に入れて約 300℃に加熱すると,ガラスは溶解しながら発泡して膨張する。それを冷却して製品にしたもので,耐酸性,耐アルカリ性にすぐれ,吸水性がまったくないので,断熱材として建造物の壁,天井などに使われるほか,保温,保冷用などにも用いられる。 (2) 発泡剤を適度に入れて溶解した半透明のガラス素地をいう。ガラス工芸分野で使われる素材で,ソフトな感じを出す点に特色がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あわ‐ガラス【泡ガラス】

細かい泡を含ませた軽石状のガラス。断熱・防音材などに使用。気泡ガラス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

泡ガラス【あわガラス】

ガラス粉末に炭酸カルシウムなどの発泡(はっぽう)剤を加え,型に入れて加熱し,細かい気泡を含ませたガラス。発泡ガラスとも。比重0.13〜0.16くらいと軽く,吸水性のない断熱・防音材として建築材料などに使用。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あわガラス【泡ガラス】

細かい気泡を含んだガラス。ガラス粉末に炭素・炭酸カルシウムなどをまぜて加熱・発泡させてつくる。断熱材・防音材などに利用。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泡ガラス
あわがらす
foam glass

無数の独立した微小な気泡を含んだガラス。多泡ガラスともいう。かさ比重(見かけの密度)は0.13~0.16と軽く、断熱性、耐久性に優れ、不燃性で通気性がなく、加工性のよいところから、化学工業、建築方面に用途が広い。とくに、屋内外の不燃性断熱材として使われているが、そのほかに保冷材として食品の冷蔵・冷凍倉庫などに使われている。ガラスの粉末に炭酸カルシウムや炭素などの発泡剤を混ぜ、型に入れて加熱して膨大したものを切断して製品とする。かさ比重の大きいものほど機械強度は増すが、断熱性は低下する。[境野照雄・伊藤節郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の泡ガラスの言及

【起泡剤】より

… 発泡剤としてプラスチック,コンクリートなどの成形時に添加するものの多くは,加熱時に窒素,二酸化炭素,アンモニア,水蒸気,酸素,水素等を発生するものである。発泡ゴム,発泡プラスチックには炭酸水素ナトリウム,炭酸アンモニウム,酢酸アミル,ジアゾアミノベンゼンなどが,また泡ガラスには炭酸カルシウムが,食品工業でパンの製造には炭酸水素ナトリウムと酒石酸を主成分とするベーキングパウダーなどが用いられる。発泡剤系泡沫消火器(粉末,液体)には硫酸アルミニウムと炭酸水素ナトリウムの混合物が用いられる。…

※「泡ガラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泡ガラスの関連キーワード起泡剤

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android