コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深海潜水艇 しんかいせんすいてい

2件 の用語解説(深海潜水艇の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

深海潜水艇【しんかいせんすいてい】

潜水調査船とも。海中・海底の科学的調査を行う潜水艇。水面下1000m以上の潜航深度をもつものを指すことが多い。1930年代,米国での,つり下げ式の潜水球での実験を端緒とし,1950年代に自ら航行操縦できる深海潜水艇としてFNRS3号,トリエステ号などのいわゆるバチスカーフが建造され,数千〜1万m以上の潜水調査が可能となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんかいせんすいてい【深海潜水艇 deep submersible vehicle】

深海潜水船ともいう。深い深度まで潜水できるように作られた特殊な船。一般的には水面下約1000m以上の潜航深度を有するものをいい,自航式有人潜水艇が多い。潜航深度が200~300m程度といわれる潜水艦とは異なり,深海潜水艇は大深度潜水を行うために小型軽量で,超耐圧の構造と特殊機器を装備し,乗員も4人以下がほとんどである。 深海潜水の歴史は,1930年代初頭,アメリカにおいて母船からつり下げられた深海潜水球による潜降実験で最大深度約900mを記録したのが始まりといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

深海潜水艇の関連情報