コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泣き女 なきおんな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泣き女
なきおんな

葬儀の葬列に参加して儀礼的に泣く役目の女性。生活に困っている人を頼んだりするが,謝礼として白米を与えるのが一般であった。その米の量によって,1升泣き,2升泣きと段階を設けているところさえある。泣き女の習俗は中国や朝鮮半島のものが知られているが,日本でも古代からあり,広く各地に行き渡っていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泣き女
なきおんな

肉親の葬礼に泣くことは人情の自然であるが、少し度を超えて儀礼的に、あるいは頼まれて泣くために加わる人をいう。『古事記』『日本書紀』にはキジやセキレイを哭女(なきめ)としたという記事があり、中国や朝鮮半島には哀号の習俗がある。日本で近年まで行われ、地名を示すことのできるものは35例ほどで、全国に散在するが、いくらか海岸部に多い。形式としては、葬列が墓場に着くと同時に急激に泣き始め、またぴたりと泣きやむとか、葬列で死者ともっとも血縁の近い女性が大声で泣いて行かぬと他人から笑い物になるとか、道々死者の名をいい「もう少しよい着物を着せたかった」などと物言い泣きをしたとかいう。また泣き女を頼んで泣いてもらう例もある。その泣き女に謝礼として与える米の量によって、一升泣き、三升泣きなどの段階を設ける所もあった。涕泣(ていきゅう)儀礼には魂迎えの呪術(じゅじゅつ)や悲しみの真情や社会的な思惑が入り交じっている。[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

泣き女の関連キーワード泣き男・泣男泣き女・泣女然るから弔い婆民謡

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

泣き女の関連情報