コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

せきれい

世界大百科事典 第2版の解説

せきれい

箏・尺八(1尺6寸管)伴奏の歌曲。1921年宮城道雄作曲。歌詞は北原白秋の詩で2節より成り,セキレイ(鶺鴒)の飛び交う山間の渓流の情景を描く。曲は軽快なリズム感の3/4拍子,有節形式で前奏・間奏・後奏がある。器楽部分の速い手が急流のせせらぎの流動感をよく表し,また,歌,,尺八の各パートに多用されたスタッカートが尾を振りながら跳びまわるセキレイの躍動感を巧みに表して,情景描写に優れた曲である。形式,技法,曲風などさまざまな面でそれまでの邦楽曲になかった新味を出した作品で,小品ながら宮城の傑作の一つに数えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

せきれいの関連キーワード青木 此君楼伊勢神宮錦庄野潤三七十二候恋教へ鳥笹野彫り豊田四郎ひこひこ志野焼六方組旗本奴交わる石神神使

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

せきれいの関連情報