コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥塔 デイトウ

3件 の用語解説(泥塔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でい‐とう〔‐タフ〕【泥塔】

泥土製の小塔。中に大日如来の種子(しゅじ)である阿字などを書いて納める。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でいとう【泥塔】

土で造った小塔。仏典には塔を造り,修営することは功徳多いと説かれており,古来百万塔八万四千塔などと称して多数の小塔が造られた。なかでも土をこね,または型(模)押しして小塔を造り焼成する泥塔は,安易に多数の塔を造れることから,日本のみならずインド,中国などひろく仏教圏の諸国において行われている。日本ではとくに密教の修法として寿命延長,もろもろの災厄を除くに功験ありとして〈泥塔供養作法〉があり,平安時代以降しばしば行われたことが記録に散見する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でいとう【泥塔】

泥土で造った小形の卒塔婆そとば。中に経文、梵字ぼんじなどを書いて納め、滅罪延命のために供養する。土塔。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泥塔の関連キーワード舎利塔寒造り黒木造り修営簀の子縁木骨請酒屋殿作り家造りアダム/イブ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥塔の関連情報