泥塔(読み)でいとう

精選版 日本国語大辞典「泥塔」の解説

でい‐とう ‥タフ【泥塔】

〘名〙 仏語。罪障の消滅や長寿を願って造立された泥土製の。香水で浄めた土を型にいれて、五輪塔、三重塔などに造り、塔下に大日如来の種子阿字を納めるのが普通。密教系の真言・天台宗などで行なわれる。
※観智院本三宝絵(984)下「泥塔つくるべき事を説たまふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「泥塔」の解説

でい‐とう〔‐タフ〕【泥塔】

泥土製の小塔。中に大日如来の種子しゅじである阿字などを書いて納める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「泥塔」の解説

でいとう【泥塔】

土で造った小塔。仏典には塔を造り,修営することは功徳多いと説かれており,古来百万塔や八万四千塔などと称して多数の小塔が造られた。なかでも土をこね,または型(模)押しして小塔を造り成する泥塔は,安易に多数の塔を造れることから,日本のみならずインド,中国などひろく仏教圏の諸国において行われている。日本ではとくに密教の修法として寿命延長,もろもろ災厄を除くに功験ありとして〈泥塔供養作法〉があり,平安時代以降しばしば行われたことが記録に散見する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android