洞戸[村](読み)ほらど

世界大百科事典 第2版の解説

ほらど【洞戸[村]】

岐阜県中部,武儀郡の村。人口2444(1995)。中央部を長良川の支流板取川が南流し,川沿いに沖積低地があるほかは,高賀山(1224m)を主峰とする美濃越前山地が大部分を占める。かつては木炭和紙の生産が盛んであった。農林業は零細でキウィフルーツの栽培,加工が行われるが,西隣の美山町のバルブ工場への通勤者も多い。ほかに家具製造業,縫製業が行われる。人口の減少が著しく,過疎地域の指定を受けている。高賀渓谷一帯は奥長良川県立自然公園に含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android