コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洪昇 こうしょう Hong Sheng

4件 の用語解説(洪昇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洪昇
こうしょう
Hong Sheng

[生]順治2(1645)
[没]康煕43(1704)
中国,清初の劇作家。浙江省銭塘の人。字,昉思 (ほうし) 。号,稗村 (はいそん) 。没落貴族の家に生れ,若くして北京に出て詞曲の才を示し,妻の援助を受けてつくった玄宗皇帝と楊貴妃の悲恋を描いた長編戯曲『長生殿』が爆発的な人気を得,たちまち劇界の寵児となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうしょう【洪昇】

[1645~1704]中国、清初の劇作家。銭塘(せんとう)(浙江(せっこう)省)の人。字(あざな)は昉思(ほうし)。号、稗畦(はいけい)。唐の玄宗楊貴妃(ようきひ)の物語に取材した「長生殿」は、清代戯曲の代表作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こうしょう【洪昇】

1645~1704) 中国、清初の劇作家。字は昉思ぼうし。号は稗村はいそん。音曲に精通し、戯曲「長生殿」は、清代演劇の代表作とされる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洪昇
こうしょう
(1645―1704)

中国、清(しん)代の戯曲作家。字(あざな)(ほうしん)。号は稗畦(はいけい)、稗村(はいそん)と称す。杭州(こうしゅう)の名家に生まれ、幼時から家塾で詩文を学ぶ。24歳で北京(ペキン)国子監生となり、王士禎(おうしてい)の門下に入り、施閏章(しじゅんしょう)に詩法を学ぶ。父が捕らえられ(理由は不明)家が没落、官途も開けなかった。若いときから戯曲をつくり、47歳のとき『長生殿』が完成すると大好評を得て貴族高官の宴に盛んに上演された。成功を祝う上演の会が皇后の喪中であったため多数の参会者文人が罰せられ、洪昇は国子監を除籍となり、江南各地の名士を頼り放浪生活を送る。呉興の近くで酒に酔い舟から落ちて溺死(できし)した。詩集『稗畦集』がある。[平松圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の洪昇の言及

【長生殿】より

…中国,清代の戯文。洪昇(1659‐1704)の作。楊貴妃が唐の玄宗に寵愛されるに至る経緯から,安禄山の乱,馬嵬坡での死を描き,乱後,玄宗が法壇を設けて貴妃の霊を招き,道士が月宮に向かって仙橋を架け,玄宗を導いて貴妃と再会させる,という筋である。…

※「洪昇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

洪昇の関連キーワードエヌ康熙・康煕康熙字典・康煕字典康熙帝・康煕帝康熙綴じ・康煕綴じ没・歿勃・歿・没康熙帝三角数

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone