コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

孔尚任(読み)こうしょうじん(英語表記)Kong Shang-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

孔尚任
こうしょうじん
Kong Shang-ren

[生]順治5(1648)
[没]康煕57(1718)
中国,清初の劇作家。山東省曲阜の人。字,聘之 (へいし) ,季重。号,東塘など。国子監博士から戸部員外郎までのぼり,康煕 38 (1699) 年官を辞して以後郷里で自適した。文才があり音楽に通じ,劇作家としては洪昇と並んで「南洪北孔」と称される。特に明亡国の際の混乱を背景に,文人侯方域と妓女李香君の悲恋を描いた『桃花扇』は,3度稿を改め 10年を要して完成したもので,洪昇の『長生殿』と並ぶ清初崑曲の傑作である。ほかに伝奇『小忽雷』,詩文集『湖海集』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こうしょうじん【孔尚任】

1648~1718) 中国、清初の戯曲作家。字あざなは聘之・季重。号は東塘など。曲阜の人、孔子六四代の子孫。戸部員外郎に任ずるが終始志をえず、東魯の狂生と自称した。作「桃花扇」など。 → 桃花扇

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

孔尚任
こうしょうじん
(1648―1718)

中国、清(しん)初の文人、戯曲作家。字(あざな)は聘之(へいし)、季重(きちょう)、号は東塘(とうとう)または岸堂(がんどう)、云亭(うんてい)山人と称した。山東省曲阜(きょくふ)に生まれ、孔子の64代目の子孫。1684年康煕帝(こうきてい)の孔子廟(びょう)行幸のときには進講官となり、国子博士を授けられた。翌年北京(ペキン)へ赴任、治水監督官として江南に派遣され、揚州、南京(ナンキン)に行き、明(みん)の故宮を訪れ、明朝亡国の認識を深め、戯曲『桃花扇(とうかせん)』の素材を得た。十数年かかり三度稿を改め、『桃花扇』が完成すると、宮廷所属の崑曲(こんきょく)の劇団は競ってこれを上演したという。『桃花扇』のほか戯曲『小忽雷(しょうこつらい)』『湖海詩集』『岸堂文集』があり、近年『孔尚任詩文集』(1962・中華書局)にまとめられた。[平松圭子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の孔尚任の言及

【桃花扇】より

…中国,清代の戯文。孔尚任(1648‐1708)の作。明末の文人侯方域と南京秦淮の名妓李香君を主人公とする佳人才子劇であるが,明王朝が次第に崩壊してゆく諸相を背景に,混乱の世を純粋の恋に生きようとする2人の姿を浮彫にしている。…

※「孔尚任」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android