コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

活人画 カツジンガ

世界大百科事典 第2版の解説

かつじんが【活人画】

活(い)きた人間を用いてえがき出した絵画という意味で,タブロー・ビバンtableaux vivantsの訳。人間を画中の人物のように扮飾配置させ,歴史や文学の一場面や名画などを模擬的に表出する一種のショー。西洋では18世紀から19世紀前半にかけて盛んに行われた。日本では江戸末期の寄席(よせ)芸に類似のものがあったが,独立した存在となったのは近代以後,西洋の影響を受けてからである。明治初年,まず名画を模したものが紹介され,中期の欧化主義時代から流行,初めは外国人の手によったが,1903年教育家下田歌子が実践女学校創立のため開催した水交社(海軍将校の社交団体)の園遊会で余興に試みてから,女学校や小学校の学芸会などに流行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かつじんが【活人画】

背景の前で扮装ふんそうした人がポーズをとり、一幅の人物画のように見せること。明治から大正にかけて余興などに行われ、名画や歴史上の有名人などが題材とされた。 「三四郎は此-から受ける安慰の念を失つた/三四郎 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

活人画
かつじんが

名画や歴史上の名場面を生きた人間が無言静止の状態で模擬的に演じるもの。リビング・ピクチュアliving pictureと称して欧米では社交界の夜会などの余興として18~19世紀に流行した。日本で本式に紹介されたのは1887年(明治20)3月12日、東京の工科大学講堂における日本赤十字社主催の慈善興行が最初とされている。のち女学校の学芸会などでも演じられたが、最近はほとんどみられない。第二次世界大戦後の1947年(昭和22)東京・新宿の帝都座で裸女を使って内外の名画を模した「額縁ショー」が公演されて評判となり、これがストリップショー流行の一つのきっかけになった。[向井爽也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

活人画の関連キーワードクリスマス人物画三四郎安慰

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android