コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ山 ながれやま

世界大百科事典 第2版の解説

ながれやま【流れ山】

おもに成層火山の裾野に密集して存在する比高数m~100m,底径数十~数百mの小丘。急峻な成層火山の頂部が水蒸気爆発,地震などを引金に大崩壊し,崩壊物質が急速に斜面を流下して山麓に堆積したときに,その表面に形成される。1888年の磐梯山,1980年のアメリカ合衆国のセント・ヘレンズ火山で生じたものが有名。ほかに渡島(おしま)駒ヶ岳,有珠山,岩木山,岩手山,八ヶ岳,浅間山,赤城山,ニュージーランドのエグモント山,ルアペフ山などの成層火山や雲仙眉山(まゆやま),北海道然別(しかりべつ)などの溶岩円頂丘に存在する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流れ山
ながれやま

火山体が崩壊して生じる岩屑(がんせつ)なだれ堆積(たいせき)物の表面に特徴的にみられる丘状の突起地形。泥流丘ともいう。比高は数メートル~数十メートルで、100メートルを超えるものもある。大規模な岩屑なだれの中流以下に群をなすことが多く、流れた方向に伸長した輪郭をもったり、列をつくることがある。流れ山は、元の山体の一部を構成していたもので、運搬中に破壊されずに残ったものである。[諏訪 彰・中田節也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流れ山の関連情報