浅尾工左衛門(初代)(読み)あさお くざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅尾工左衛門(初代) あさお-くざえもん

1758-1824 江戸時代中期-後期の歌舞伎役者。
宝暦8年生まれ。初代浅尾為十郎の門にはいり,寛政6年浅尾工左衛門を名のる。実悪(じつあく)のほか,半道方(はんどうがた),親仁方(おやじがた)をかねた。「恋飛脚」で7役早替わりを演じて好評を博した。この名は大正時代まで6代をかぞえる。文政7年8月22日死去。67歳。初名は竹田仁三郎。前名は2代中山太四郎,朝井工左衛門俳名は鬼丸,鬼玉。屋号は金田屋。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android