コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮草物語

デジタル大辞泉プラスの解説

浮草物語

1934年公開の日本映画。監督:小津安二郎、原作・脚本:池田忠雄、撮影:茂原英雄。出演:坂本武飯田蝶子、三井秀男、坪内美子ほか。第11回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うきくさものがたり【浮草物語】

日本映画。小津安二郎監督の1934年松竹蒲田作品。《出来ごころ》(1933)に次いで坂本武が喜八という名の主人公を演じ,これに次ぐ《東京の宿》(1935)とともに〈喜八物〉と呼ばれる。1931年の五所平之助監督の《マダムと女房》以来,監督たちは次々とトーキーを目ざし,当時もっとも多くトーキー作品を作っていた松竹蒲田撮影所であったが,小津はかたくなに34年のこの作品まで完全なサイレントに固執した。東京の下町や学生街や郊外を好んで舞台にした小津が,例外的に物語を地方(上州高崎近辺の村)に設定し,喜八こと市川左半次を座長とする旅役者一座の巡業生活を描いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の浮草物語の言及

【小津安二郎】より

…《東京の合唱》(1931)や《生れてはみたけれど》(1932)などのサラリーマン生活の悲哀を描いた作品で高く評価される。E.ルビッチをはじめとするアメリカの作家たちへの偏愛は,《その夜の妻》(1930)や《非常線の女》(1932)のごとき無国籍的犯罪映画の佳作を生んだが,坂本武を主演に迎えた《出来ごころ》(1933)の成功で,庶民的な哀感の世界を描いた〈喜八物〉に転じ,《浮草物語》(1934)や《東京の宿》(1935)を発表。茂原英雄によるトーキー技術の開発を待ってサイレントを撮り続けたが,《一人息子》(1936)で音響の世界に接し,大船の新撮影所で,新たなカメラマン厚田雄春とともに《戸田家の兄妹》(1941)や《父ありき》(1942)で〈小津調〉を確立。…

※「浮草物語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

浮草物語の関連キーワード高階 哲夫三井 弘次池田 忠雄青木 富夫飯田 蝶子坂本 武

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android