コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海後宗臣 かいごときおみ

3件 の用語解説(海後宗臣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海後宗臣
かいごときおみ

[生]1901.9.10. 茨城
[没]1987.11.22. 東京
教育学者,日本近代教育史研究の権威。 1926年,東京大学文学部教育学科卒業後,大学院,大学助手を経て国民精神文化研究所員。 36年東京大学文学部助教授,47年教授。 62年に退官するまで教育学部の創設・拡充に中心的な役割を果し,日本教育学会会長として教育学の発展に尽力した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海後宗臣 かいご-ときおみ

1901-1987 昭和時代の教育学者。
明治34年9月10日生まれ。海後勝雄の兄。昭和11年母校東京帝大の助教授となり,22年教授に就任。33年から日本教育学会会長をつとめる。明治教育史,社会科教育などの研究に力をそそいだ。昭和62年11月22日死去。86歳。茨城県出身。著作に「教育勅語成立史の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海後宗臣
かいごときおみ
(1901―1987)

教育学者。水戸市に生まれる。1926年(大正15)東京帝国大学教育学科卒業。国民精神文化研究所研究部員を経て、1947年(昭和22)東大教授となり、1962年定年退職。昭和初年、吉野作造らの明治文化研究会に参加したことから、明治教育史の実態研究を開始し、数多くの優れた業績を生み出した。戦後には、新たに発足した社会科や道徳教育に関する実践的研究を発表。主著に『教育勅語成立史の研究』ほか、『海後宗臣著作集』全10巻(1981)などがある。[三原芳一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海後宗臣の関連キーワード階乗N茨城没・歿勃・歿・没N末端残基茨城県東茨城郡茨城町大戸茨城県東茨城郡茨城町小幡Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone