海東青(読み)かいとうせい(英語表記)Hai-dong-qing; Hai-tung-ch`ing

  • 海東青 hǎi dōng qīng

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカの一種。海東青鶻 (かいとうせいこつ) ,海青ともいう。学名 gylfalco。狩猟用。またその羽でつくった裘 (きゅう。衣のこと) は,はなはだ珍貴であるという。沿海州方面の産。の王侯貴族は鷹狩に愛用,女真にその献上を命じて多大の犠牲を払わせ,ワンヤンアクダ (完顔阿骨打)の反遼独立 (金朝建国) の一因となった。元末にも順帝の宮廷の同じ命令が吾者 (ウェジ Weji) 野人の反乱を招いた。清初まで猟鳥として使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

モンゴル地方で鷹狩りや通信に用いられるはやぶさ)の古称。海東青鶻(こつ)ともいう。モンゴル語ではShongqur,学名Falco peregrinus。元朝の軍団の中には鷹狩りを職とするシバウチ(昔宝赤)があり,また鷹房(ようぼう)都総管府という官庁が鷹房戸を監督して優秀な鷹を飼育させた。モンゴル帝国で特使に給せられた海青牌は,海東青をかたどった装飾を有する円形の金属製の通行手形であり,これにより駅伝制度上の特権を保証され,時には物資徴発を許された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「青(せい)」は「青骹(せいこう)」の略で、青い脛の鷹(たか)の意) 鷹のこと。また、中国で海東と呼ぶ、沿海州から東北部の奥地にかけてすむ鷹。この地方からすぐれた鷹が献上されることが多かったところからいう。海青。
※中華若木詩抄(1520頃)下「海東青と云も鷹の名也。逸物也」 〔宋史‐太祖紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android