淡淡しい(読み)アワアワシイ

デジタル大辞泉の解説

あわあわ‐し・い〔あはあは‐〕【淡淡しい】

[形][文]あはあは・し[シク]《形容詞「あわい」を強めた語》
味や色などが薄い。また、ほのかである。
「手足の色は白くあるいは―・い栗色をしている」〈中野重治歌のわかれ
「この青年に一種の―・い愛を覚えた」〈有島或る女
軽薄で気まぐれである。軽々しい。思慮分別に乏しい。
「宮仕へする人を―・しう悪きことに言ひ思ひたる男などこそ、いと憎けれ」〈・二四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あわあわしい【淡淡しい】

( 形 ) [文] シク あはあは・し
淡く、ほのかなさまである。 「何となく穏やかな-・い色/武蔵野 独歩
浮わついている。軽薄だ。 「色めかしきをば、いと-・しとおぼしめいたれば/紫式部日記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android