深更(読み)しんこう

精選版 日本国語大辞典「深更」の解説

しん‐こう ‥カウ【深更】

〘名〙
① 夜のふけわたるころ。よふけ。真夜中深夜
※菅家文草(900頃)一・海上月夜「行遅浅草潮痕没、坐久深更月影斜」
※平家(13C前)七「深更空夜閑にして、旅ねの床の草枕、露も涙もあらそひて、ただ物のみぞかなしき」
② (小豆(あずき)を「赤」というところから、「赤付き」と同音の「暁(あかつき)」に掛けて) 餠の上に小豆をのせたものをいう女房詞。〔俳諧・俳諧歳時記(1803)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「深更」の解説

しん‐こう〔‐カウ〕【深更】

夜ふけ。深夜。「団交深更に及ぶ」
[類語]夜中真夜中夜半夜更け深夜ミッドナイト小夜さよさりよい暮夜ぼや夜間夜中やちゅう夜分やぶん夜陰やいん夜半よわ晩方宵の口春宵しゅんしょううし三つナイト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「深更」の解説

【深更】しんこう(かう)

夜更け。〔寒秀艸堂筆記、三〕寅十日、夜大風あり。深を秉(と)りて書す。

字通「深」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android