深更(読み)シンコウ

大辞林 第三版の解説

しんこう【深更】

夜ふけ。真夜中。深夜。 「激論は-に及んだ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐こう ‥カウ【深更】

〘名〙
① 夜のふけわたるころ。よふけ。真夜中。深夜。
※菅家文草(900頃)一・海上月夜「行遅浅草潮痕没、坐久深更月影斜」
※平家(13C前)七「深更空夜閑にして、旅ねの床の草枕、露も涙もあらそひて、ただ物のみぞかなしき」
② (小豆(あずき)を「赤」というところから、「赤付き」と同音の「暁(あかつき)」に掛けて) 餠の上に小豆をのせたものをいう女房詞。〔俳諧・俳諧歳時記(1803)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android