添田町(読み)そえだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

添田〔町〕
そえだ

福岡県東部,遠賀 (おんが) 川支流の彦山川上流域を占める町。 1912年町制。 55年津野村と合体。南部は大分県に接し,町域の大部分は英彦山地にある。中心地区の添田は宿場町,その南方の彦山は英彦山神宮の門前町として発達。明治中期以後は筑豊炭田の炭鉱町として繁栄したが,相次ぐ閉山により,山間の農村に戻った。米作のほか,高冷地野菜園芸が行われ,杉・檜材の生産も多い。また産炭地域振興事業により縫製,織物などの中小企業が進出。耶馬日田英彦山国定公園の一中心で,旧数山 (すやま) 家住宅,中島家住宅など重要文化財のほか,旧亀石坊庭園 (名勝) ,英彦山神宮など名所旧跡に富み,英彦山の鬼スギは天然記念物。 71年に油木ダムが完成。 JR日田彦山線,国道 500号線が通じる。面積 132.2km2(境界未定)。人口 9924(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

添田町の関連情報