コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嘉穂 かほ

2件 の用語解説(嘉穂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嘉穂
かほ

福岡県中部,嘉麻市南部の旧町域。遠賀川水系の上流地域を占め,嘉穂盆地南部から三郡山地北斜面にかけて広がる。 1955年大隈町,千手村,宮野村,足白村が合体して嘉穂町が成立。 2006年山田市,稲築町,碓井町と合体して嘉麻市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

嘉穂
かほ

福岡県中部、嘉穂郡にあった旧町名(嘉穂町(まち))。現在は嘉麻(かま)市の南部を占める。旧嘉穂町は1955年(昭和30)大隈(おおくま)町と宮野、足白(あしじろ)、千手(せんず)の3村が合併して成立。2006年(平成18)稲築(いなつき)、碓井(うすい)の2町、山田(やまだ)市と合併し嘉麻市となった。旧嘉穂町域の南部は古処(こしょ)山(860メートル)、馬見(うまみ)山(978メートル)など三郡(さんぐん)山地南東端の山地が広がり、遠賀(おんが)川源流の嘉麻(かま)川、千手川が細長い谷底平野を形成している。中心集落の大隈は日田(ひた)、秋月(あきづき)に通じる街道の分岐点に位置する宿場町として発達し、国道211号と322号が交差している。旧国鉄上山田(かみやまだ)線はバスに転換。南部は山間農村地帯として稲作、野菜・果樹栽培、養鶏、酪農などが行われ、スギ材の生産も多い。筑後(ちくご)川県立自然公園に属し、カルスト地形がみられる古処山には特別天然記念物のツゲ原始林があるほか、麟翁(りんおう)寺、馬見神社、高木神社などの旧跡・古社寺が多い。益富(ますとみ)城跡は戦国末期の城跡で、自然公園として整備されている。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嘉穂の関連キーワード福岡県嘉麻市岩崎福岡県嘉麻市大隈福岡県嘉麻市上福岡県嘉麻市上臼井福岡県嘉麻市上山田福岡県嘉麻市鴨生福岡県嘉麻市中益福岡県嘉麻市平福岡県嘉麻市屏福岡県嘉麻市山野

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嘉穂の関連情報